サブメニュー

弁護士や司法書士に債務整理を依頼するメリット

借金で首が回らなくなったとき、皆さんはどうしますか。正直に頑張って支払い続けるのももちろんいいでしょうが、返済が遅々として進まない間にも、利息は雪だるま式にどんどん膨れ上がってしまいます。

 

雪だるまが手遅れなほど大きくなる前に、何とか手を打たなければなりません。

 

 

弁護士や司法書士に債務整理を依頼

そんなとき、弁護士や司法書士に債務整理を依頼する手があります。

 

「それって何となく逃げているような感じがする」と思う方もいらっしゃるでしょうが、頑張って返済を続けて結局は自己破産となってしまえば、それこそ借金がチャラになってしまうので逃げているようなものです。

 

多少取り分は減るでしょうが、債務整理をしっかりと行なうことによって残りの借金を完済すれば、貸金業者に入るお金は後者の方が多くなりますので、貸金業者としては悪い話ではありません。

 

面倒な手続きや交渉もお任せ

1日中ひまな人ならまだしも、仕事をしている人にとって債務整理の手続きは非常に面倒なもの。特に債務整理に伴って簡易裁判所に呼び出されようなものならば、仕事を休まなければなりません。

 

弁護士であれば、万が一簡易裁判所への出廷を命じられても、弁護士を代理人に立てることによって仕事に穴をあけることがありません。

 

出廷までに至らなくても、貸金業者との交渉や手続きも面倒です。しかし、その道のプロである弁護士や司法書士ならば、素人が苦労している書類作成や交渉事も、いともたやすく行ってしまうのですから、依頼して損はありません。

 

素人と比べて交渉成立の可能性が高い

貸金業者からしても、できるだけ債務整理で債務が減額されることは避けたいもの。相手が素人ならば、うまいこと言いくるめて債務の減額を最小限にする、または全く減額しないといったことも可能です。

 

しかし相手が司法書士や弁護士、しかも債務整理で相当の実績がある高名な弁護士や司法書士ですと、そうはいきません。実績豊富な彼らは貸金業者の手練手管を知り尽くしており、それに引っかからないばかりかそれを上回る手練手管を繰り出してくるのです。

 

正直な話、貸金業者も警察や弁護士、司法書士を敵には回したくありませんので、そのようなやり手の弁護士や司法書士が依頼を受けた債務整理であれば、いともたやすく債務整理に応じてくれます。

 

逆に、あまり実績のない弁護士や司法書士ですとなめられる可能性はありますので、依頼をする際には実績のある弁護士や司法書士に相談をするところから始めると良いです。

 

実績のある評判の良い法律事務所を知りたい方は、債務整理に関する基本的な情報が揃う債務整理相談ナビを見ておきましょう。

 

闇金の相談は違った内容となる

正規業者からの借金が返せないのであれば上記の進め方、考え方でよいのですが、闇金の借金が返せないといった場合や取り立ての被害の相談は異なります。

 

闇金は一部の法律事務所や司法書士事務所では専門として扱っていますが、それ以外の債務整理を扱っている弁護士であっても、闇金問題は扱わないとする場合が多いです。

 

やはり闇金は正規業者に比べると手間がかかり、正直なところは弁護士としても面倒な問題となってきます。正規業者の債務整理は行っても闇金に関してはノータッチとなる可能性もありますので、闇金の借金でお困りの方は闇金問題解決のための無料相談を専門とする法律事務所で進めると良いでしょう。